キャストボタン

キャストボタン


キャストボタンをお探しの方へ。ぼたんの楽しみ方にはいろいろな方法があります。ぼたんで遊ぶ際のいろいろなポイントを紹介します。

■ボタンで遊ぶ際のポイント

その1:ボタンの数で遊ぶ
ぼたんの数はボタンホール(穴)の数だけ、と決まっていません。 シャツを思い浮かべていただけばわかりやすいのですが、例えば2個目と3個目のボタンの間に飾りのボタンをつけてみると、 違和感なくさりげないアクセントが効いてきます。こういった装飾的なボタンの使い方でさりげないおしゃれを演出できます。

その2:糸で遊ぶ
ぼたんを何色の糸でつけるのか、これも遊べるポイントです。ぼたんに赤を使うのはちょっと派手かも…と躊躇してしまう時は、糸の色だけ赤に変えてみてはいかがでしょうか? ボタンを替えなくても、一箇所ずつ全て違う色の糸で付け直してみると、さりげないオリジナル感がぐっとアップします。 当店でも100種類の糸色が楽しめますので、試してみてください。

>>糸のラインナップ

その3:ハトメで遊ぶ
当店では、ボタンの穴にハトメを打ったオリジナルぼたんを販売しています。 ぼたん穴を演出する事でカラフルなボタンをよりカラフルに出来ますし、さらに糸の色も変えればバリエーションが広がります。 また、ハトメカラーによってぼたんの個性が強調されるのも、 ハトメボタンの特徴です。好きな色の組み合わせを探してみてください。シャツボタンをお探しの方も是非どうぞ。
>>ハトメボタンのラインナップ

キャストボタン


■ボタンズで取り扱っている商品のご紹介

<革ボタン>
革ボタンはここ数年来のエコロジー精神の観点とオーソドックスなスタイルへのデザインの流れから再び注目を集めてきている素材の1つです。


<ナットボタンボタン>
ナットボタンの原料は南米エクアドル産の熱帯植物、タグア椰子の木の実です。表皮を削った木の実の風合いが象牙に似ている事から「アイボリーナット」とも呼ばれています。

<ウッドボタン(木ボタン)>
木ボタンも他の天然素材と同様熱や水に弱い素材ですのでクリーニングの際にはボタンを外すか保護をした上で必ず石油系にて行って下さい。


<くるみボタン>
くるみボタンの芯には、絹を丸めたものやプラスチック、金属などが用いられます。くるむ素材は布地を使用するのが一般的ですが、刺繍や模様を入れたり、繋ぎ合わせたり編みこみを入れたり…と工夫次第で色柄が無限に広がるのが最大の特徴です。ハンドメイドの温もりを感じられるボタンです。


<ハトメボタン>
ボタンの穴部分をボタンホールと呼びますが、そこにハトメと呼ばれる金属を埋め込んだものです。カラフルなハトメから、金属カラー(ゴールドやシルバー)まで様々なハトメカラーがあります。


■ボタンの割れ欠けについて
シャツボタンで、比較的割れにくく作ってあるボタンも、洗濯方法や劣化によって割れることがあります。割れ欠けの原因として最も多いのが、アイロン時に熱と共に圧力がかけられたことによるものです。アイロンの際はあて布をするなど、直接ボタンに熱が当たらないように注意してください。

LEATHERボタンやWOODボタン、アンティーク、カフス、カラフル、キャスト、組み合わせ、クルミボタン、高級ボタン、シャツ、ズボン、ダイカストボタンをお探しの方、天然ボタン、日本のボタン、ハトメ、ビンテージ、宝石、ダウンシャツ、ヨーロッパのボタンをお探しの方、ボタンの欠けや割れでお悩みの方も、是非当店をご利用下さい。キャストボタンをお探しの方も是非どうぞ。


お問い合わせはこちらからどうぞ!


【会社案内】
the button'sの運営会社である株式会社幸徳ボタンは創業より62年間にわたり、ボタン卸売業として、豊富な在庫力を背景に多くのアパレルメーカーをはじめ、同業2次問屋各社に、最新ファッションのニーズに沿った商品を開発提案してまいりました。また、アパレル各社デザイナーの皆様とのコラボレーションによる企画品も多数手掛け、多くのオリジナル商品を供給させて頂いております。


【連絡先】
株式会社 幸徳ボタン 住所:千代田区神田須田町2-1-3
E-MAIL:info@the-buttons.com

キャストボタン