ナットボタン(タグア椰子)の特長や使用時の注意点とは

Share

「ナットボタン(タグア椰子)の特長や使用時の注意点とは」

ナットボタンはボタンの中ではとても幅広く使用されている素材です。
しかし、あまり聞き馴染みのない素材のため、ナットボタンと聞いても知らない方も多いかと思います。

ナットボタンはタグアボタンとも言われ、原材料はタグア椰子という椰子の実から作るボタンです。
タグア椰子は、主に南米のエクアドルやコロンビアで栽培されており、熱帯雨林の中で育つ植物です。

この素材が注目されるポイントはその柄がまるで象牙のような柄であることから、植物の象牙とも言われているからです。
象牙のようなやわらかいアイボリーカラーと流線型の柄はとても上品な質感で人気があります。
また、エコ素材としても注目され、土にかえる素材としてナチュラル志向のアパレルブランドなどにも愛用されています。

もちろん、ボタン以外にもチェスの駒や民芸品やアクセサリーなどにも使用され、その加工は多岐にわたっています。

ボタンとしての最大の特長は前述のとおり、やわらかい柄です。
特に薄い色のボタンがわかりやすいのですが、ひとつひとつ柄が違いますがそれがまた天然のボタンらしさを感じさせます。

ナットボタンは染めることでいろいろな色にすることができるので、元々の色はアイボリーカラーですが、
ボタンとして使用する場合の多くは洋服のカラーに合わせて染色してから使用されることのが多いです。
天然の素材のため、濃淡が一つのボタンのなかでもあるため、自然なグラデーションになることも人気の理由です。
またその染色方法には2度染色することで、フチと中央をツートンカラーで表現することも可能で、当社でも人気の商品です。

取扱い時は、椰子の実のため、長時間水につけると含水します。そのため急激に乾燥したりすると割れの原因になります。
クリーニングの際は、水洗いを避けて石油系ドライクリーニングをおすすめします。

冬のあたたかみのあるジャケットやコート、またはニットにぜひ使ってみてください。

ナットボタンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【the button’sのナットボタン】
BN0114-ナットボタンBN0113-ナットボタンBN0112-ナットボタンBN0111-ナットボタンBN0110-ナットボタンBN0109-ナットボタンBN0108-ナットボタンBN0107-ナットボタンBN0106-ナットボタンBN0105-ナットボタンBN0104-ナットボタンBN0103-ナットボタンBN0102-ナットボタンBN0101-ナットボタンBN0100-ナットボタンBN0099-ナットボタンBN0098-ナットボタンBN0097-ナットボタンBN0096-ナットボタンBN0095-ナットボタンBN0094-ナットボタンBN0093-ナットボタンBN0092-ナットボタンBN0091-ナットボタンBN0083-ナットボタンBN0082-ナットボタンBN0081-ナットボタンBN0080-ナットボタンBN0079-ナットボタンBN0078-ナットボタンBN0077-ナットボタンBN0076-ナットボタンBN0076-ナットボタンBN0074-ナットボタンBN0073-ナットボタンBN0063-ナットボタンBN0062-ナットボタンBN0061-ナットボタンBN0060-ナットボタンBN0059-ナットボタンBN0058-ナットボタンBN0057-ナットボタンBN0056-ナットボタンBN0055-ナットボタンBN0054-ナットボタンBN0042-ナットボタンBN0041-ナットボタンBN0040-ナットボタンBN0039-ナットボタンBN0038-ナットボタンBN0037-ナットボタンBN0036-ナットボタンBN0035-ナットボタンBN0034-ナットボタンBN0033-ナットボタンBN0032-ナットボタンBN0031-ナットボタンBN0030-ナットボタンBN0029-ナットボタンBN0028-ナットボタンBN0027-ナットボタンBN0026-ナットボタンBN0015-ナットボタンBN0014-ナットボタンBN0013-ナットボタンBN0012-ナットボタンBN0011-ナットボタンBN0010-ナットボタンBN0009-ナットボタンBN0008-ナットボタンBN0007-ナットボタンBN0001-ナットボタンBN0085-ナットボタンBN0086-ナットボタンBN0087-ナットボタンBN0088-ナットボタンBN0089-ナットボタンBN0090-ナットボタン

Share

Comments are Disabled

ボタン 通販 くるみボタン 通販 ボタン 水牛ボタン シャツボタン ボタンダウンシャツ