水牛ボタンの特長や使用時の注意点とは

Share

「水牛ボタンの特長や使用時の注意点とは」

水牛ボタンという素材をみなさんはご存知でしょうか?
ボタンの素材の中でも高級とされ、一流のコレクションブランドやパターンオーダースーツの最上級ボタンとして使用されています。

そんな水牛ボタンについて、今回は詳しくどんな特長があり、クリーニングなどの際の注意点があるのかを紹介したいと思います。

まず、材料となる水牛は主にインドや中国などが原産です。広大な土地の中で主に食用などで飼育されているものが
ほとんどかと思いますが、この水牛の角の部分と一部骨がボタンとして加工されます。

角は主に、輪切りにしたものをボタンの型に削りだしたものや角の先の部分をダッフルボタンなどに使用するものなど、
ほぼあますことなく使用され、その色の多くは黒です。そのため、水牛ボタンの中でも茶色やベージュなどの明るい色は
本数が少なく、貴重なため黒よりも高く販売されていることが多いです。

水牛ボタンは、べっこう調ボタンなどともいわれ、ワシントン条約以降に使用ができなくなったカメの甲羅、べっこうに似た柄のものや、
流れるようなトラ柄のものなど、ひとつひとつが色柄が違う美しいものがたくさんあります。

天然物の素材のため、目に見えない小さなヒビなども入りやすく、熱などに弱いため、プラスチックの加工よりも手間ひまがかかります。
当店で取り扱う水牛ボタンのほとんどはひとつひとつを職人さんが手で削り、仕上げています。
機械で作るよりも時間がかかりますが、ボタンに負担がかからず、表面の仕上がりが美しいです。

ただし、アイロンなどの熱やクリーニングの際のプレスがあたると、ツヤがとんでしまうという注意点があります。
クリーニングに出す際には、ボタンの保護をお願いするようにしましょう。
また、水洗いには向きません。というのも、水分によっても表面の油分がとんでしまってツヤがなくなってしまうことや、
含水した後に乾燥する際に小さなヒビの原因になり、割れやすくなるからです。

ぜひあなたのジャケットやスーツ、コートに水牛ボタンを取り入れてワンランクアップしたおしゃれをお楽しみください。

水牛ボタンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【the button’sの水牛ボタン】
BH0001-水牛ボタンOH0018-水牛ボタンOH0017-水牛ボタンOH0009-水牛ボタンOH0008-水牛ボタンOH0005-水牛ボタンOH0004-水牛ボタンOH0002-水牛ボタンBH0056-水牛ボタンBH0055-水牛ボタンBH0054-水牛ボタンBH0049-水牛ボタンBH0048-水牛ボタンBH0047-水牛ボタンBH0046-水牛ボタンBH0045-水牛ボタンBH0044-水牛BH0043-水牛ボタンBH0042-水牛ボタンBH0041-水牛ボタンBH0040-水牛ボタンBH0039-水牛ボタンBH0038-水牛ボタンBH0037-水牛ボタンBH0036-水牛ボタンBH0035-水牛ボタンBH0034-水牛ボタンBH0033-水牛ボタンBH0032-水牛ボタンBH0031-水牛ボタンBH0030-水牛ボタンBH0029-水牛ボタンBH0028-水牛ボタンBH0027-水牛ボタンBH0026-水牛ボタンBH0025-水牛ボタンBH0024-水牛ボタンBH0023-水牛ボタンBH0022-水牛ボタンBH0021-水牛ボタンBH0020-水牛ボタンBH0019-水牛ボタンBH0018-水牛ボタンBH0017-水牛ボタンBH0016-水牛ボタンBH0015-水牛ボタンBH0014-水牛ボタンBH0013-水牛ボタンBH0012-水牛ボタンBH0011-水牛ボタンBH0009-水牛ボタンBH0008-水牛ボタンBH0005-水牛ボタンBH0003-水牛ボタンBH0002-水牛ボタンBH0005-水牛ボタン

Share

Comments are Disabled

ボタン 通販 ボタン 4つ穴 キャストボタン ボタン 通販 おしゃれ ボタン ボタン 種類 水牛ボタン 革ボタン ナットボタン 木ボタン 金属ボタン メタルボタン 貝ボタン シェルボタン